本サイト掲載内容およびページリンクについて、転載・転送は、ご遠慮ください。

本ワクチン接種に関するよくある質問

本ワクチンの接種に関して、よく寄せられる質問とその回答についてご紹介します。

Q1.新型コロナワクチンの接種を受ければ、感染予防対策はしなくていいですか?
A1.
本ワクチンは新型コロナウイルス感染症の発症を予防するものです。
本ワクチン接種後も基本的な感染予防対策(マスク着用、密集、密接及び密閉の回避、手洗いや咳エチケット等)が必要です(感染を予防する効果は評価されていません)。

Q2.ワクチン接種を受ける前や受けた後に気をつけることは?
A2.

【接種を受ける前】
原則としてワクチン接種は体調が良い時に受けましょう。いつもと様子や体調が違う、何となく調子が悪いという時、また、医薬品でアレルギー反応の経験のある方、食物アレルギーやアレルギー疾患のある方、予防接種そのものに対して緊張する方、注射針や痛みに対して不安がある方は必ず医師に相談しましょう。
【接種を受けた後】
まれにワクチン接種に対する緊張や痛みをきっかけに気を失う(失神する)ことがあります。ワクチン接種後は背もたれのある椅子にしばらく座るなどして休みましょう。
また、ワクチンの接種により ショックアナフィラキシー などの重いアレルギー反応が起きることがあります。他の医薬品でアレルギー反応の経験のある方や、食物アレルギーやアレルギー疾患のある方は接種に際して慎重な観察が必要です。医師に相談の上、しばらくの間は接種を受けた医療機関等の施設内にいるようにしましょう。医療機関等の施設内にいることですぐに対応できます。
なお、接種後に 心筋炎心膜炎 があらわれることがあります。心筋炎、心膜炎が疑われる症状(胸の痛み、動悸、むくみ、息苦しい、息切れ、呼吸が荒い、呼吸が速い) が認められた場合には、速やかに医師の診察を受けてください。

Q3.新型コロナウイルスmRNAワクチン接種後に報告されているギラン・バレー症候群では、どのような症状が認められますか?また、症状を認めた場合は、どうすればいいですか?
A3.

ギラン・バレー症候群では、手足がしびれる、手足に力が入らない、腱(膝頭の下)をたたいた時に反射が起こらない、歩行時につまずく、階段を昇れない、物がつかみづらい、手足の感覚が鈍くなる、顔の筋肉がまひする、食べ物が飲み込みにくい、呼吸が苦しい、などの症状があらわれます。
ギラン・バレー症候群は、初期には軽症と考えられても急速に悪化することがあります。ギラン・バレー症候群が疑われる症状が認められた場合には、早い段階で医師等に相談するようにしてください。その際、本ワクチンを接種したことやいつ接種したのかなどを伝えるようにしてください。

Q4.本ワクチン接種の1回目と2回目の間隔が、3週間以上空いてしまった場合は、どのようにすればいいですか?
A4.

できる限り速やかに2回目の接種を受けてください。

Q5.本ワクチンの3回目以降の接種はどのような人が対象ですか?
A5.

3回目以降の接種の対象者や実施時期については、各自治体からの案内をご確認ください。​
本ワクチンの対象は以下の通りです。なお、5~11歳の方は3回目以降の接種を受けられませんので、ご注意ください。
​​​​​​​

<3回目の接種>12歳以上の方は、2回目の接種から少なくとも5ヵ月経過した後に、追加免疫として3回目の接種を受けることができます。


<4回目の接種>ベネフィットとリスクを考慮した上で、高齢者等において、本ワクチン3回目の接種から少なくとも5ヵ月経過した後に接種を医師等により判断されます。

Q6.1回目の接種で重篤な副反応が認められ、医師より2回目に同じワクチンを接種することが困難と言われました。​​2回目の接種を受けることはできないですか?
A6.

1回目に接種を受けたワクチンと異なる新型コロナワクチンの接種を受けられる場合があります。
医療機関へ接種の可否および接種間隔等についてご相談ください。
なお、国内では、5~11歳の方を接種対象としているのは本ワクチンのみですので、2回目に異なる新型コロナワクチンの接種を受けることができません。

Q7.転居や新型コロナワクチンの流通減少等により1回目に接種を受けた新型コロナワクチンと同じワクチンを2回目に受けることが困難です。どのようにすればいいですか?
A7.

1回目に接種を受けたワクチンと異なる新型コロナワクチンの接種を受けることができます。​
お住まいの各自治体または医療機関へ接種についてご相談ください。
なお、国内では、5~11歳の方を接種対象としているのは本ワクチンのみですので、2回目に異なる新型コロナワクチンの接種を受けることができません。​

Q8.ウイルスのタンパク質を作る基になる遺伝情報を体に投与すると、将来の身体への異変は心配ありませんか?
A8.

メッセンジャーRNA(mRNA)は、数分から数日といった時間の経過とともに分解されていきます。また、mRNAは、人の遺伝情報(DNA)に組み込まれるものではありません。体の中で、DNAからmRNAが作られる仕組みがありますが、情報の流れは一方通行で、逆にmRNAからはDNAは作られません。こうしたことから、mRNAを注射することで、その情報が長期に残ったり、精子や卵子の遺伝情報に取り込まれることはないと考えられています。

Q9.小児や乳幼児に対して本ワクチンの接種は必要ですか?
A9.

本ワクチンの接種対象は5歳以上の方です。小児の被接種者向け資材「新型コロナワクチン コミナティを接種されるお子さまと保護者の方へ」もご確認ください。
なお、5歳未満の方に対する有効性・安全性はまだわかっていません。

Q10.妊婦(妊娠している可能性がある)が、本ワクチンの接種を受けても問題ないですか?
A10.

医師と相談し、予防接種上の有益性が、危険性を上回ると判断される場合にのみ接種を受けてください。

Q11.授乳中の場合、本ワクチンを接種しても問題ないですか?
A11.

医師と相談し、予防接種上の有益性及び母乳栄養の有益性が、危険性を上回ると判断される場合にのみ接種を受けてください。

Q12.過去に他のワクチンや医薬品、食品、化粧品に対してアレルギー反応があったのですが、本ワクチンを接種しても問題ないですか?
A12.

予診票にアレルギーの情報をできる限り記載の上、事前にかかりつけ医に相談するか、もしくは接種当日、医師にご相談ください。

Q13.ワクチンの効果はどのくらいありますか?
A13.

5~11歳および12歳以上の方を対象に実施した本ワクチンの臨床試験では、本ワクチンを21日間間隔で2回接種し、2回目の接種から7日目以降におけるワクチンの有効性(発症予防効果)は約91%でした。
なお、12歳以上の方を対象とした臨床試験ではこの有効性(発症予防効果)を評価した集団の追跡期間(中央値)は2回目接種後118日でした。
また、12歳以上の方を対象とした臨床試験において、本ワクチンの新型コロナウイルス感染症の重症化予防効果は約96%という報告があります。
本ワクチンの臨床試験は継続中であり、今後さらに情報が得られる予定です。

Q14.ワクチンの副反応の心配はありますか?
A14.

ワクチンの接種によって、副反応が起きることがあります。気になる症状、いつもと違う体調の変化が認められた場合には、速やかに医師等にご連絡ください。万が一、ワクチンの接種によって健康被害が生じた場合には、国による健康被害救済制度がございますので、お住まいの各自治体にご相談ください。

Q15.新型コロナウイルス感染症や新型コロナワクチンの接種に関するお知らせを確認するには、どのようにすればいいですか?
A15.

厚生労働省のホームページに新型コロナウイルスやワクチンについての情報が公表されています。
​​​​​​​ページ下部にある「関連サイト」よりご確認ください。

Q16.自分または家族が接種したワクチンの有効期限はどのように確認できますか?
A16.

本ワクチンの有効期限は、「ファイザー新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける方とそのご家族の方々のためのサイト」にて公開しています。
下記のリンク、もしくは二次元コードよりアクセスし、接種券に記載されている「製造番号」(=ロットNo)ごとの有効期限をご参照ください。

ファイザー新型コロナウイルスワクチンの
接種に関するお問い合わせ

お住まいの各自治体へのお問い合わせ

下記の内容はお住まいの各自治体からの案内をご確認ください。
また、ご不明な点があればお住まいの各自治体へお問い合わせください。

  • 本ワクチンの接種会場となる医療機関等の施設
  • 必要となる持ち物

製品に関する電話によるお問い合わせ

関連サイト ※外部サイトへ移動します。

Page Top

Page Top